英語スキルは男性よりも女性に有利

転職市場において、英語スキルが生かされる転職に有利なのは、男性と女性どちらだと思いますか?実は、英語スキルは女性の転職に有利であるというデータが出ているのです。転職サイトDODAの調査委によると、TOEICを受けていない人の転職成功率を1とすると、受験している人の場合、男性が1.22倍、女性は1.26倍と、わずかに女性が男性を上回る結果が出ています。なぜこのような結果が出るのでしょうか。

この男女の違いの大きな理由は、女性が活躍している職種に関係しています。求人の中には、募集要項の中に明確にTOEIC○点以上という表記のあるものも多くあります。そしてそれらの求人は、金融関連事務、貿易事務などの事務系専門職、翻訳や通訳、役員秘書といった、女性が多く活躍している職種であるという特徴があります。つまり、それらの職種を志望するにあたり、TOEIC受験は必須と考えられるのです。よって、TOEICを受験している女性の方が、男性よりも転職成功率が上がるということになるのでしょう。

また、近年は外資系企業への女性の転職が増加傾向にあります。男女格差をなくす、社員の男女比を均等にしようという施策を推進している外資系企業では、語学堪能な女性を求める求人が増加しているため、英語ができる女性の転職が活性化しているのです。

英語スキルは男性よりも女性に有利” へのコメントが 1 点あります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*