女性が英語を生かして活躍できる転職~貿易事務~

貿易事務とは、輸出・輸入に関する手続き、書類作成、打ち合わせ、ファイリングなどの貿易に関する事務処理を担当する仕事です。この内容だけを見るとそこまで難易度の高い仕事ではないのでは?と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、貿易事務の仕事は高い語学力と業務処理能力、正確性、貿易に関する知識が求められます。また、女性が多く活躍しているのもこの職種の特徴です。つまり、英語に自信のある女性であれば、貿易事務の仕事は大いにそれを生かして働くことのできる仕事であると言えるでしょう。

貿易事務の求人を出す企業は、商社、メーカー、船舶、フォワーダー(乙仲)の業界に属します。採用ポジションによって業務内容は異なりますが、大きく分類すると輸出業務と輸入業務の2つに分けられます。どちらの求人かによって求められるスキルも子tなってきますので、要注意です。

実務の中で使用する英語は読み、書き、会話のすべてに渡るケースが多いです。ただし、雇用形態がアルバイトや契約の場合、英語を使用する場面は少なくなることもあります。まず、取り扱う書類の8割以上は英文の書類です。また、クライアントからの電話での問い合わせにも英語で対応する場面も多々発生します。物流業界の場合は特に、クライアントの問い合わせ内容や要求を的確に、かつ迅速に把握し、その調整をすることが貿易事務に求められますので、英語力と、対応能力、調整力に関して自身がある方には亜すすめの職種です。

未経験採用をしている求人もありますので、貿易事務の経験がない方でも求人を探してみると良いでしょう。ただし、求められるTOEICのスコア基準をクリアしていないと、ほとんど書類選考でNGになりますので、あらかじめTOEICの受験をしておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*