女性が英語を生かして活躍できる転職~特許事務・法律事務~

法学部出身だけど、大学で学んだことはこれまで特に生かして働いていないという女性も中にはいるのではないでしょうか。もし英語を使えて、それを生かした転職をしたいと考えているのであれば、特許事務、法律事務もお勧めの職種です。

まず、特許事務とは、特許の出願、知的財産契約、ライセンス契約などの特許に暗聯する様々な事務作業、手続きを行う仕事です。様々な特許事務所がありますが、国際特許事務所の場合、国を超えて外国の特許出願やライセンス交渉の仕事があります。その際に書類作成はもちろん、様々な場面で英語力が必要になってきます。お堅い文面にはなりますが、かなりの専門知識も必要とする仕事ですので、自分自身の揺るがぬスキルを身に付けることができるでしょう。

次に法律事務は、一般事務、秘書業務、法律事務専門業務といった仕事がメインになります。ことらも特許事務所同様に、国際法律事務所であれば、英語の使用頻度は高まります。特に法律事務専門業務は、弁護士の指導の下で訴状や答弁書などの法律文書の土台を作成するような仕事になりますので、かなり高度な専門知識を身に付けることができるでしょう。

いずれの職種も未経験者の応募を受け付けている求人が多数ありますので、自身がなければアシスタントレベルの求人からチャレンジしていってみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*