外資系企業への女性の転職~英語力は必須?~

外資系企業=英語力必須というイメージを持つ人は多いでしょう。英語ができる基準として数値化されたもので目安とされることの多いのが、TOEICの点数です。多くの外資系企業の募集要項で見かける条件として、TOEIC700点以上という文言を見かけますが、必ずしもそれが絶対条件とは言えません。重要なのは英語力よりも仕事におけるスキルと考えているケースが多いのが実情です。

実際の所、日本国内に拠点を構える外資系企業で働く日本人の英語力は、TOEICでいうならば800点程度です。しかも初めからその点数を取っていたというよりも、入社後に徐々にレベルを上げていったという人が多いのです。外資なら英語ができないと生きていけないんじゃない?と思う人も多いと思います。しかし、社内公用語が英語であったり、職位が幹部でない限り、英語しか話せない人と接触する機会はほとんどないのです。そのため、帰国子女・留学経験者を除くと、転職で外資に入社した女性の英語力は、必ずしも高いとは言えません。

とは言え、やはりまったく英語ができないというのはハードルが高くなります。特に入り口となる転職活動時に大きな支障となる可能性があります。例えば、自分の履歴書・職務経歴書を英文で作成できますか?多くの外資系企業は、採用試験において英文レジュメの提出をもとめてきます。これは、採用の最終決済者が本国の組織にいることが多いからです。社内決裁を下すために、関係各所に書類だけが回ることになるので、これが英語表記でなければ意味がありません。インターネット上にサンプルなども出回っているので、外資系への転職を検討しているのであれば、英文レジュメは事前に用意しておくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*